FXといろいろな注文

FXでは通貨を売買し、その通貨を手元に保持することによって、為替レート変動を利用し利益を求めていきます。
この時にFX取引業者に注文を入れて通貨を売買していくのですが、基本的には売り注文と買い注文の2つの種類の注文を、取引きを始めるための新規のタイミングと、取引きを終了させるための決済のタイミングとで、2回行っていくことになります。

具体的には、新規の買い注文で通貨を保持した状態を作り、その保持している通貨に為替相場のレート変動で評価損益が生じるのを待ち、その生じた含み益や含み損を確定するために、通貨を決裁の売り注文で解消し、手元に残った利益や損失を得る、という形になります。

FXでは「安く買った通貨を高く売る」という方法と「高く売った通貨を安く買い戻す」という方法で利益を求めていくことができるために、売り注文、買い注文のどちらからでも取引きが行えるのですが、買い注文から始めた取引きは売り注文で、売り注文から始めた取引きは買い注文で終了になります。

このようにして、FXではこの一連の取引きを繰り返し行うことによって、投資を行っていくことになるのです。

この注文ですが、為替レートの変動を見ながら直接に投資家が注文していく「成行注文」という注文方法と、あらかじめ取引きを行いたい価格を設定しておき、為替レートがその価格になったときに自動的に注文が約定される「指値注文」という予約注文での注文方法があります。

これ以外にも、複数の指値注文を同時に行う組合せ注文というものがあり、それが「IFD注文」「OCO注文」「IFO注文」になります。

IFD注文は、新規注文と決済注文を同時に出すもので「最初の指値注文が約定したら、もう一つ指値注文を予約する」という組み合わせになっており、これを使うことにより、投資家が決めた価格から取引が始められ、利益を確定する価格にあらかじめ決済注文を置いておいたり、また、損切りをするための注文を設定しておけば、万が一の為替レートの変動にも対応できます。

OCO注文は主に決済の注文で用いられ「片方の指値注文が成立したら、もう片方の指値注文をキャンセルする」という仕組みになっています。
こうすることによって、新規注文に対して利益確定と損切りの指値注文を出し、自動的に取引きを終了させることができます。

IFO注文は、この二つを組み合わせた注文で「最初の指値注文が約定したら、決済の注文をOCO注文で行う」という形をとります。
このIFO注文を使うことにより、新規注文から決済注文までを、あらかじめ決めた価格で行うことができるために、忙しい時にでも安心して投資を行うことができるようになるのです。